株式会社仙花

市場情勢11月12日

20171112

■輪菊
愛知県、栃木県、長崎県、宮城県を中心に全体的に入荷量は横ばい傾向。
黄菊に関しては入荷量が少ない為、全階級の引き合いが強い。

■スプレー菊
栃木県、宮城県、山形県、愛知県からの出荷がある。
全体的に入荷量は減少傾向。
白色は業務需要により強保合い。


■小菊
東北県産の出荷が終盤。
沖縄県産の出荷が始まっている。
入荷量が少ないく色目バランスが悪い。

■バラ
静岡県、栃木県、山形県、宮城県を中心に入荷量は横這い。
上位等級の引き合いが強い。

■カーネーション
北海道、長野県を中心に入荷量は減少傾向。
輸入品は横這いの見込み。仕事需要にあたる色目が強い。

■トルコギキョウ
宮城県、福島県、山形県を中心に入荷量は減少。
静岡県、栃木県、愛知県の出荷が始まっている。
下位等級は品質の劣化も酷く結果、価格帯の幅が最も広い品目のひとつ。

■ユリ類
栃木県、埼玉県、福島県、山形県、新潟県を中心に入荷は減少傾向。
白の引き合いが強く、ピンク系は品薄高から引き合いが弱い。
鉄砲百合は鹿児島県産が始まっているが、出荷量は少ない。

■カスミソウ
山形県、和歌山県、熊本県産の入荷がメイン。
全体的には微増傾向だがまだまだ需要に供給が追い付いていない状況。

■ガーベラ
静岡県、愛知県、和歌山県を中心に入荷量は横ばい傾向。
色目によって引き合いは違う。

■ストック
山形県、宮城県、福島県を中心に入荷量は増加傾向。
スタンダード種は70cm以上に強い引き合いが、SPは紫系がやや溢れている様子。
来週も傾向は変わらない見込み。

■スナップ
宮城県、栃木県、山形県、福島県を中心に入荷量は増加傾向。
各色出荷が潤沢である。

■スターチス
和歌山県を中心に入荷。
紫中心に増加する。まだ、全体量が少ない為下位等級も目立つ。

■アルストロメリア
山形県、茨城県、愛知県、長野県を中心に入荷量は横ばい傾向。
特に白系が少なく引き合いは強いが、他品種も引き合いは強い。

■ラン類
千葉県、愛知県、福岡県、栃木県を中心に入荷。
国産品ではカトレア、ファレノの入荷があるが数量は横這い。
ファレノの入荷量は横ばい傾向。保合いで推移。

■輸入花
デンファレは入荷量が増加。
オンシジュウムの入荷量は減少。
引き合いは回復しつつある。

■今週の俺の一花
 スイートピー
 宮崎県産のスイートピーの出荷が始まります。
 年末に向けて品質が安定してきます。色目も豊富になってきます。
 かわいい花をどうぞよろしくお願いします。