株式会社仙花

市場情勢5月21日

20170521

■輪菊
愛知、栃木、長崎、宮城県を中心に入荷。
全体的に入荷量は横ばい傾向。
一部夏系品種に移り変わっている。

■スプレー菊
全体的に入荷量は横ばい傾向。
ライトピンク、黄色系は少な目で引き合いはあるが、白は若干厳しく、八重系はかなり厳しい。

■小菊
沖縄県を中心に入荷量は微減傾向。
品質低下、相場状況も品質に添う。

■バラ
静岡、栃木、山形、宮城県を中心に入荷量は横這い傾向。
上位等級は横ばいで推移するが、下位等級は厳しい価格が予想される。

■カーネーション
栃木、長崎、宮城県、輸入を中心に入荷量は微減傾向。
暖地物に関しては一部品質低下、高冷地産は若干の遅れが見らる。
相場は品種によってはまちまちだが、全体では厳しい。

■トルコギキョウ
全体的に入荷量は横ばい傾向。
品種によっては厳しい物もある。
宮城県、福島県を中心に高冷地産地の入荷が若干増加傾向。

■ユリ類
栃木、埼玉、山形、福島県を中心に入荷量は横ばい傾向。
白は横ばいで推移、ピンク系は若干引き合いが強い。
鉄砲百合の入荷は横ばい、引き合いは落ち着く。

■カスミソウ
和歌山、熊本県を中心に入荷量はやや減少傾向。
気温の上昇で一部品質低下が見られる。

■ガーベラ
静岡、福岡、和歌山県を中心に入荷。
改植時期に入り徐々に数量は減少する見込み。

■ヒマワリ
栃木、静岡、愛知県中心に入荷量は微増傾向。
オレンジ色を中心に入荷相場は横ばい、黄色は少なく引き合いがある。

■カンパニュラ
青森県、岩手県中心に入荷量は微減傾向。
全体量が少なく上位等級の引き合いはある。

■スターチス
和歌山、宮城、山形県を中心に入荷量は横ばい傾向。
全体的に相場は弱保合い。

■アルストロメリア
山形、愛知、茨城県を中心に入荷量は横這い傾向。
下位等級は厳しいが、上位等級はまちまちで推移。

■ラン類
千葉、愛知、福岡、栃木県を中心に入荷。
国産品ではカトレア、ファレノの入荷があるが数量は横這い。
ファレノの入荷量は横ばい傾向、弱保合い推移。

■輸入花
デンファレ、オンシジュウムの入荷は減少傾向。
オンシジュ-ムの引き合いは他と比較し強いが、気温の上昇と共に品質も心配。

■今週の俺の一花
 ベビーハンズ(木苺)
 宮崎県から入荷、階級は70~40cmあり。縦箱の水付きでの出荷、品質は良好。
 6月下旬で出荷はあります。