株式会社仙花

市場情勢1月15日

20170115

■輪菊
愛知、栃木、長崎、沖縄県を中心に入荷量は横ばい傾向。
上位等級は微減傾向だが、下位等級は微増傾向。
引き合いは落ち着き高値は厳しい。

■スプレー菊
栃木、鹿児島、宮城、山形県を中忍に入荷。
東北産の終盤、鹿児島県、栃木県中心になるが入荷量は横ばい。
全体的に色目バランスが悪い。

■小菊
沖縄県を中心に入荷量は横這い傾向。
色目バランスは良いが、引き合いが弱く厳しい相場が予想される。

■バラ
静岡、栃木、宮城県を中心に入荷。数量は横這い傾向。
下位等級の引き合いは弱まる見込み。

■カーネーション
栃木、長崎、宮城県を中心に入荷量は横ばい傾向。
相場も横ばいで推移する見込み。

■トルコギキョウ
栃木、静岡、愛知県産を中心に入荷量は微増傾向。
相場は落ち着き、下位等級、輸入品は引き合いが厳しい。

■ユリ類
栃木、埼玉、山形、福島、長崎県を中心に入荷。
全体的には増加せず引き合いは強い。
鉄砲百合は横ばい傾向、上位等級は若干強い。

■カスミソウ
和歌山、熊本県を中心に入荷量は横ばい傾向。
全体的に落ち着いた相場が予想される。

■ガーベラ
静岡、福岡県を中心に入荷。数量は少ないまま横這い傾向。
需要も少なく厳しい引き合いになる。

■スナップ
宮城、山形県を中心に入荷。数量は横ばい傾向。
引き合いも落ち着き厳しい相場になる。

■ストック
山形、宮城県中心に入荷。
ST、SPとも全体的に入荷量は微増傾向。
引き合いは落ち着き厳しい相場。SPストックが特に厳しい。

■チューリップ
茨城、新潟県を中心入荷量は横ばい傾向。
相場は保合い。

■スターチス
和歌山県を中心に入荷は増加傾向。
高値は落ち着き、若干厳しい相場展開が予想される。

■アルストロメリア
山形、愛知県を中心に入荷量は微増傾向。
紫、オレンジ系は少ないがその他の色目に関しては潤沢な入荷が見込まれる。
相場は横ばいで推移。

■ラン類
千葉、福岡、徳島、栃木県を中心に入荷。
国産品ではカトレア、ファレノの入荷があるが数量は横這い。
シンビジュウムの入荷も徐々に増加している。

■輸入花
デンファレ、オンシの入荷は横ばい傾向、引き合いはかなり厳しい。
葉物類も横ばい傾向、ラン類に比べ引き合いはある。

■今週の俺の一花
 ラナンキュラス
山形県、福島県、静岡県、宮崎県と各産地から出荷開始。
現在は通常品種、色目が多いが、今後変り咲きの品種もぞくぞくと入荷予定。