株式会社仙花

市場情勢2月26日

20170226

■輪菊
愛知、栃木、長崎、沖縄、宮城県を中心に入荷量は横這い傾向。
黄色の入荷割合が変わらず減少する予想。
白色は上位等級から引き合いが強い。

■スプレー菊
栃木、鹿児島県を中心に入荷。
黄色が少ない。
下位等級の割合が多く品質もばらついている。

■小菊
沖縄県を中心に入荷量は少ないまま横這い傾向。
先週は赤色が減少傾向だったので週アタマも継続の予想。
数量が少ない分品薄だが保合相場が予想される。

■バラ
静岡、栃木、山形、宮城県を中心に入荷。数量は横這い傾向。
サムライ、レッドスターなど赤バラの引き合いが強い。

■カーネーション
栃木、長崎、宮城県を中心に入荷量は横ばい傾向。
輸入品の出荷は減少傾向。
相場は保合い、横ばいで推移する見込み。

■トルコギキョウ
栃木、静岡、愛知県産を中心に入荷量は横這い傾向。
相場は落ち着いているが数量は横這いの予想。
下位等級、輸入品は引き合いが弱い。

■ユリ類
栃木、埼玉、山形、福島県を中心に入荷。
全体的には増加傾向、引き合いは落ち着く。
下位等級はまだ弱保合い。鉄砲百合は横ばい傾向。

■カスミソウ
和歌山、熊本県を中心に入荷量は横ばい傾向。
3月の需要期に向け引き合いも強まる見込み。

■ガーベラ
静岡、福岡県を中心に入荷。数量は減少傾向のまま横這い傾向。
需要期も近づき相場は徐々に回復傾向。

■スナップ
宮城、山形、岩手、福岡県を中心に入荷。数量はやや増加傾向。
色目のバランスも整い需要に応えられる
品質も良く使い勝手も良い。

■ストック
山形、宮城県中心に入荷。
ST、SPとも全体的に入荷量は減少傾向。
需要期に出荷できなかったものが好天により前進出荷。
相場は落ち着く見込み。

■チューリップ
茨城、新潟、埼玉県を中心入荷量は横ばい傾向。
球根産地が切り替わり品種数は増加した。
相場は保合い。

■スターチス
和歌山県を中心に入荷は横這い傾向。
相場は、横這いだが若干厳しい展開が予想される。

■アルストロメリア
山形、愛知県を中心に入荷量は微増傾向。
赤、紫、オレンジ系は少ないがその他の色目に関しては潤沢な入荷が見込まれる。
相場は横ばいで推移。

■ラン類
千葉、愛知、福岡、徳島、栃木県を中心に入荷。
国産品ではカトレア、ファレノの入荷があるが数量は横這い。
ファレノは仕事需要で引き合いが戻り保合い傾向。

■輸入花
デンファレ、オンシジュウムの入荷は微増傾向。
オンシジュ-ムに関しては引き合いが強く保合傾向。
葉物類も横ばい傾向。

■今週の俺の一花
 『菜花』
千葉、長崎県から入荷があります。節句需要の品です。お早目にお求めください。